九州大学数理生物学研究室

太田 加代子(おおた かよこ)

太田 加代子(おおた かよこ)

所属:九州大学理学研究院生物科学部門数理生物学研究室

役職:テクニカルスタッフ

業績

(4) Mohapatra S, Chakraborty T, Shimizu S, Ohta Ka, Nagahama Y, Ohta Ko, Estrogen and estrogen receptors chauffeur the sex-biased autophagic action in liver. Cell Death Differ. 2020
(3) Chakraborty T, Mohapatra S, Tobayama M, Ohta Ka, Ryu YM, Kazeto Y, Ohta Ko, Zhou L, Nagahama Y, Matsubara T, Hatching enzymes disrupt aberrant gonadal degeneration by the autophagy/apoptosis cell fate decision. Sci Rep. 2017, 7(1):3183
(2) Kurta (Ohta) K, Burgess SM, Sakai N. Transgenic zebrafish produced by retroviral infection of in vitro-cultured sperm. PNAS 2004, 101(5): 1263-7
(1) Kurta (Ohta) K, Sakai N. Functionally distinctive testicular cell lines of zebrafish to support male germ cell development. Mol Reprod Dev. 2004, 67(4): 430-8

新井 健太(あらい けんた)

所属:九州大学大学院理学研究院生物科学部門 数理生物学研究室

役職:テクニカルスタッフ

所属学会:日本進化学会

連絡先:arai.kenta.233[at]m.kyushu-u.ac.jp
※[at]を@に置き換えて下さい。

ウェブサイト

研究内容

1.ゲノムデータを利用した植物個体内に蓄積する体細胞変異の動態解明

2.アジア産ブナ科植物の開花結実フェノロジー解析

3.ショウジョウバエの野外調査

辻井 悠希(つじい ゆうき)

辻井 悠希(つじい ゆうき)

所属:九州大学大学院理学研究院生物科学部門 数理生物学研究室

役職:学術振興会特別研究員(PD)

連絡先:yuki.tsujii[at]mq.edu.au
※[at]を@に置き換えて下さい。

略歴

学歴

2013年3月 京都大学農学部卒業
2015年3月 京都大学大学院農学研究科修士課程修了(指導教官:北山兼弘教授)
2018年3月 同博士課程修了 博士(農学)(指導教官:北山兼弘教授)

職歴

2016年4月―2018年3月 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2018年4月―2019年3月 京都大学生態学研究センター 機関研究員
2019年4月―2021年3月 日本学術振興会海外特別研究員 マッコーリー大学(オーストラリア)
2021年4月-現在 日本学術振興会特別研究員(PD) 九州大学理学研究院

研究内容

生物の必須元素であるリンに着目して、植物生理生態学および生態系生態学研究を行っています。例、ボルネオ島キナバル山における樹木のリン欠乏への適応と生態系のリン循環。オーストラリアの植物の光合成におけるリン分配の最適化。熱帯林の一斉開花における栄養動態。ハワイ島の多様な環境に分布するハワイフトモモの表現型多様化機構など。

業績

(7) Tsujii Y, Aiba S, Kitayama K (2020) Phosphorus allocation to and resorption from leaves regulate the residence time of phosphorus in aboveground forest biomass on Mount Kinabalu, Borneo. Functional Ecology 34: 1702– 1712. https://doi.org/10.1111/1365-2435.13574
(6) Tsujii Y, Kitayama K (2018) Relationships of phosphorus concentration in reproductive organs with soil phosphorus availability for tropical rain-forest trees on Mount Kinabalu, Borneo. Journal of Tropical Ecology 34(6): 351–363. https://doi.org/10.1017/S0266467418000329
(5) Tsujii Y, Onoda Y, Kitayama K (2017) Phosphorus and nitrogen resorption from different chemical fractions in senescing leaves of tropical tree species on Mount Kinabalu, Borneo. Oecologia 185: 171–180. https://doi.org/10.1007/s00442-017-3938-9
(4) Tsujii Y, Oikawa M, Kitayama K (2017) Significance of the localization of phosphorus among tissues on a cross-section of leaf lamina of Bornean tree species for phosphorus-use efficiency. Journal of Tropical Ecology 33(3): 237–240. https://doi.org/10.1017/S0266467417000141
(3) Izuno A, Kitayama K, Onoda Y, Tsujii Y, Hatakeyama M, Nagano AJ, Honjo MN, Shimizu-Inatsugi R, Kudoh H, Shimizu KK, Isagi Y (2017) The population genomic signature of environmental association and gene flow in an ecologically divergent tree species Metrosideros polymorpha (Myrtaceae). Molecular Ecology 26: 1515–1532. https://doi.org/10.1111/mec.14016
(2) Tsujii Y, Onoda Y, Izuno A, Isagi Y, Kitayama K (2016) A quantitative analysis of phenotypic variations of Metrosideros polymorpha within and across populations along environmental gradients on Mauna Loa, Hawaii. Oecologia 180(4): 1049–1059. https://doi.org/10.1007/s00442-015-3416-1 
(1) Kitayama K, Tsujii Y, Aoyagi R, Aiba S (2015) Long-term C, N and P allocation to reproduction in Bornean tropical rain forests. Journal of Ecology 103(3): 606–615. https://doi.org/10.1111/1365-2745.12379

今井 亮介(いまい りょうすけ)

所属:九州大学大学院理学研究院生物科学部門 数理生物学研究室

役職:学術研究員

所属学会:日本植物分類学会、日本植物学会

連絡先:somebody90sto@gmail.com
※[at]を@に置き換えて下さい。

ウェブサイト

略歴

学歴

2016年3月 千葉大学理学研究科博士後期課程終了 博士(理学)(指導教官:綿野泰行教授)

職歴

2016年4月―2019年3月 筑波大学山岳科学センター 研究員
2019年4月―2021年3月 琉球大学熱帯生物圏研究センター 研究員
2021年4月-現在 九州大学理学研究院 研究員

研究内容

Shora laevisの個体内の体細胞突然変異の特定、体細胞突然変異率の推定

トップへ