九州大学数理生物学研究室

青柳 優太(あおやぎ ゆうた)

青柳 優太(あおやぎ ゆうた)

所属:九州大学大学院システム生命科学府 数理生物学研究室

学年:一貫制博士課程D5(博士課程D3)

所属学会:日本生態学会、種生物学会

連絡先:ao7yuta[at]gmail.com
※[at]を@に置き換えて下さい。

略歴

2017年 3月 東北大学理学部生物学科卒業
2019年 3月 東北大学大学院生命科学研究科修了
2019年 4月- 九州大学大学院システム生命科学府 数理生物学研究室

研究内容

ゲノムデータベースを利用した、植物のDNA修復やエピジェネティック制御に関わる遺伝子のコピー数の比較解析

業績

(4) Aoyagi Blue, Y., Kusumi, J., and Satake, A. Comprehensive Analyses of Copy Number Variations In DNA Repair Genes Reveal the Role of Poly(ADP-Ribose) Polymerase in Longevity in Trees. (under review) (The paper under review is available at SSRN: https://ssrn.com/abstract=3751787 or http://dx.doi.org/10.2139/ssrn.3751787)
(3) Aoyagi Blue, Y., & Sakai, S. (2020). Low mutation rates promote the evolution of advantageous traits by preventing interference from deleterious mutations. Genetica, 148(2), 101–108. https://doi.org/10.1007/s10709-020-00091-6
(2) Mochizuki, J., Itagaki, T., Aoyagi Blue, Y., Ito, M., & Sakai, S. (2019). Ovule and seed production patterns in relation to flower size variations in actinomorphic and zygomorphic flower species. AoB PLANTS, 11(5), 1–8. https://doi.org/10.1093/aobpla/plz061
(1) Itagaki, T., Mochizuki, J., Aoyagi Blue, Y., Ito, M., & Sakai, S. (2019). Evolution towards minimum ovule size? Ovule size variations and the relative sizes of ovules to seeds. Annals of Botany, 123(7), 1253–1256. https://doi.org/10.1093/aob/mcz031

永田 拳吾(ながた けんご)

永田 拳吾(ながた けんご)

所属:九州大学大学院システム生命科学府 数理生物学研究室

学年:一貫制博士課程D5(修士課程D3)

所属学会:なし

連絡先:grsa777[at]gmail.com
※[at]を@に置き換えて下さい。

略歴

2017年 3月 九州大学理学部生物学科卒業
2017年 4月- 九州大学大学院システム生命科学府 数理生物学研究室

堀田 淳之介(ほりた じゅんのすけ)

堀田 淳之介(ほりた じゅんのすけ)

所属:九州大学大学院システム生命科学府 数理生物学研究室

学年:一貫制博士課程D5(修士課程D3)

所属学会:日本昆虫学会、日本生態学会、個体群生態学会、日本数理生物学会

連絡先:eij.tbry[at]gmail.com
※[at]を@に置き換えて下さい。

略歴

2017年 3月 九州大学理学部生物学科卒業
2017年 4月- 九州大学大学院システム生命科学府 数理生物学研究室

業績

(2) Horita, J., Iwasa, Y., and Tachiki, Y. (2018). Evolutionary bistability of life history decision in male masu salmon. Journal of theoretical biology, 448, 104-111.
(1) 堀田淳之介, 中原亨, 山口諒, ジャコウアゲハ Byasa alcinous の休眠誘起, 昆虫と自然. 51(8): 21-23. 2016.

現在・過去の競争的研究資金

[1] 九州大学基金 学生の独創的研究支援 ジャコウアゲハ Byasa alcinous の休眠誘起の要因とその機構の解明 平成27年度 500,000円

王 宇斐(わん ゆーふぇい)

王 宇斐(わん ゆーふぇい)

所属:九州大学大学院システム生命科学府 数理生物学研究室

学年:一貫制博士課程D5(修士課程D3)

連絡先:yufe.wang[at]hotmail.com
※[at]を@に置き換えて下さい。

略歴

B.S. China Agricultural University (Horticulture)
M.S. Northwest Agriculture and Forestry University (Pomology)

業績

(3) Potassium fertilization arrests malate accumulation and alters soluble sugar metabolism in apple fruit. W. ZHANG, K. Chen, Y.F. WANG, N.S. ZHANG, Y.P. GUO and Z.Y. ZhAO. Biology Open. 2018,7:12
(2) Effects of GeO2 on chlorophyll fluorescence and antioxidant enzymes system in apple leaves under strong light. Z.B. WANG, Y.F. WANG, J.J. ZHAO, L. Ma, Y.J. WANG, X. ZHANG, Y.T. NIE, Y.P. GUO, L.X. MEI and Z.Y. ZHAO. Photosynthetica, 2018, 56(4): 1081-1092.
(1) Trehalose 6-phosphate signal is closely related to sorbitol in apple fruits (Malus domestica Borkh. cv. Gala). W. ZHANG, J. Lune, R. Feil, Y.F. WANG, J.J. ZHAO, Y.P. GUO. Biology Open. 2017, 6: 260-268.

清水 正明(しみず まさあき)

清水 正明(しみず まさあき)

所属:九州大学大学院理学研究院生物科学部門 数理生物学研究室

役職:テクニカルスタッフ

連絡先:shimy224[at]gmail.com
※[at]を@に置き換えて下さい。

略歴

学歴

2016年 千葉大学理学部生物学科卒業
千葉大学理学部生物学科 研究生所属
2019年 千葉大学 研究生終了
九州大学 数理生物学研究室 研究生所属

職歴

2019年 株式会社データテクノロジーラボ データサイエンティスト
2020年 九州大学 数理生物学研究室 テクニカルスタッフ

業績

(2) (2) Hiroki Takahashi, Maiko Umemura, Masaaki Shimizu, Akihiro Ninomiya, Yoko Kusuya, Syun-ichi Urayama, Akira Watanabe, Katsuhiko Kamei, Takashi Yaguchi, Daisuke Hagiwara, Comparative genome and transcriptome analyses revealing interspecies variations in the expression of fungal biosynthetic gene clusters. bioRxiv (2020) https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.04.17.047639v1.full
(1) Masaaki Shimizu, Yoko Kusuya, Yikelamu Alimu, Cai Bian, Hiroki Takahashi, Takashi Yaguchi, Draft Genome Sequence of Aspergillus awamori IFM 58123NT. Microbiol Resour Announc 8.4 (2019): e01453-18 https://mra.asm.org/content/8/4/e01453-18

トップへ