九州大学数理生物学研究室

新着情報

News list of 2017


2017.12.24 数理生物学研究室所属の伊藤悠介氏の研究が九大理学部ニュースで紹介されました。
“AIDS研究の数理モデル”
2017.9.9 MEセミナー情報更新
2017.9.4 数理生物学研究室所属の岩波翔也氏の研究が九大理学部ニュースで紹介されました。
“AIDS研究の数理モデル”
2017.8.16 数理生物学研究室所属の関元秀氏の研究が出版されました。
M. Seki, T. Ohara, T. J. Hearn, A. Frank, V. da Silva, C. Caldana, A. A. R. Webb, and A. Satake. Adjustment of the Arabidopsis circadian oscillator by sugar signalling dictates the regulation of starch metabolism. Scientific Reports 7:8305 (2017) doi:10.1038/s41598-017-08325-y.
2017.7.31 数理生物学研究室所属の原朱音氏の研究が九大理学部ニュースで紹介されました。
“花粉アレルギーとアレルゲン免疫療法の数理モデル”
2017.7.27 数理生物学研究室所属の伊藤悠介氏の研究が出版されました。
“Y. Ito, A. Remion, A. Tauzin, K. Ejima, S. Nakaoka, Y. Iwasa, S. Iwami and F. Mammano. Number of infection events per cell during HIV-1 cell-free infection, Scientific reports. 7(2017), doi:10.1038/s41598-017-03954-9."
2017.7.10 数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の研究が出版されました。
"H. Ohashi, Y. Koizumi, K. Fukano, T. Wakita, AS. Perelson, S. Iwami†, and K. Watashi†. Reply to Padmanabhan and Dixit: Hepatitis C virus entry inhibitors for optimally boosting direct-acting antiviral-based treatments, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 114:E4527-E4529 (2017).(†Equal contribution)"
2017.7.1 数理生物学研究室所属の岩見真吾・立木佑弥氏が進めているプロジェクト「ECOEPI」の成果の1つである“Virtual ECOSYSTEM”がリリースされました。
2017.6.12 Dana-Farber Cancer Institute所属の山本君代氏(共同研究者:当研究室、波江野洋氏)の研究が出版されました。
Yamamoto KN*, Yachida S, Nakamura A, Niida A, Oshima M, De S, Rosati LM, Herman JM, Iacobuzio-Donahue CA, and Haeno H*. Personalized Management of Pancreatic Ductal Adenocarcinoma Patients through Computational Modeling. Cancer Research. 77(12) June, 2017.
2017.6.1 数理生物学研究室所属の原朱音氏の研究が出版されました。
A. Hara and Y. Iwasa. When is allergen immunotherapy effective?. Journal of Theoretical Biology. Volume 425, 21 July 2017, Pages 23–42. (2017)
2017.5.8 数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の研究が九州大学のHPで紹介されました。
"Innovative Treatment for Hepatitis C."
数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の著書が出版されました。
"岩見真吾、佐藤佳、竹内康博. シリーズ現象を解明する数学 「ウイルス感染と常微分方程式」、共立出版、2017年4月."
2017.4.30 数理生物学研究室所属の岩波翔也氏の研究が出版されました。
"S. Iwanami, Y. Kakizoe, S. Morita, T. Miura, S. Nakaoka and S. Iwami. A highly pathogenic simian/human immunodeficiency virus effectively produces infectious virions compared with a less pathogenic virus in cell culture, Theoretical Biology and Medical Modelling. 14:9(2017)."
2017.4.27 2017年度が始まりました。
2017.3.27 数理生物学研究室所属の山口諒氏の研究が受理されました。
"R. Yamaguchi, Y. Iwasa. A tipping point in parapatric speciation. Journal of Theoretical Biology. (accepted)."
2017.2.25 数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の研究が出版されました。
"Y. Koizumi, H. Ohashi, S. Nakajima, Y. Tanaka, T. Wakita, AS. Perelson, S. Iwami†, and K. Watashi†. Quantifying antiviral activity optimizes drug combinations against hepatitis C virus infection, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 114:1922-1927 (2017). (†Equal contribution)"
2017.2.24 数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の研究が出版されました。
"CA. Beauchemin, T. Miura, and S. Iwami. Duration of SHIV production by infected cells is not exponentially distributed: Implications for estimates of infection parameters and antiviral efficacy, Scientific Reports, 7:42765 (2017)."
2017.2.23 数理生物学研究室所属の山口諒氏の研究が出版されました。
"R. Yamaguchi, Y. Iwasa. Parapatric speciation in three islands: dynamics of geographic configurations of allele sharing. Royal Society Open Science. 4: 160819. 2017."
数理生物学研究室所属の巌佐庸氏、山口諒氏の書籍が出版されました。
"Peter R. Grant, B. Rosemary Grant (著), 巌佐庸 (監訳), 山口諒 (訳). なぜ・どうじて種の数は増えるのか -ガラパゴスのダーウィンフィンチ-. 共立出版. 2017."
2017.2.10 MEセミナー情報更新

トップへ