ME Seminar 1997/3/21 Akira Sasaki

植物抵抗性遺伝子と病原体ビルレンス遺伝子相互作用における軍拡競争


植物の病原体に対する抵抗性はgene-for-geneシステムでよく記述すること ができる。これは性の進化の病原体仮説などでよく用いられていたmatching genotyp eモデルと異なり、基本的に非対称な(順序関係のある)相互作用であり、全ての宿 主遺伝子型を病害できるsuper parasiteなどが存在する。ここでは多遺伝子座のgene -for-gene相互作用のもとでの宿主抵抗性と病原体ビルレンスの共進化を解析する。 主要な結果は以下のとおり

●「相互作用の非対称によって遺伝子型頻度の振動や、性の有利さが出なくなる」と いうM. Parkerらの「性の進化の病原体仮説」批判は、抵抗性遺伝子とビルレンス遺 伝子のコストを仮定することによってくつがえる。

● 宿主抵抗性遺伝子の数および病原体ビルレンス遺伝子の数が永続的に振動するほ か、同じ数の抵抗性遺伝子をもつ多数の遺伝子型が共存し複雑に振動する。

● 宿主抵抗性の遺伝的多様性に対抗するため、病原体は一見不必要なほど多数のビ ルレンス遺伝子を同時に持つように(つまりsuper parasite)に進化させられる。


back to home