English | Research TOPICS | Random PICKUP | CLASS | Seminar ABSTRACT | PUBLICATION

Welcome!

Akira Sasaki

Home Page

Welcome!

Discrete Packing of Species

The Effect of Predators



プロフィール
1989年理学博士(九州大学)。学位論文: Evolution of Pathogen Strategies. 1989年より九州大学理学部助手、1996年より助教授(数理生物学研究室)。2007年7月より総合研究大学院大学・葉山高等研究センター教授。「宿主体内での病原体の増殖戦略」、「性の数の進化」、「性と組み換えの進化」などを理論的に研究する。1992-94ノースキャロライナ州立大学にてSteve Ellnerのもとで「環境変動下の両賭戦略と遺伝的多様性」について、1997年ユトレヒト大学Gerdien de Jongのもとで「表現型可塑性の進化」、1995-1999年オックスフォード大学Willam D. Hamiltonと「病原体と宿主の共進化動態」、同時期インペリアルカレッジCharles Godfrayと「量的形質の軍拡共進化」の共同研究を行う。2001-2003年、プリンストン高等研究所とハーバード大学にてMartin Nowakと「適応度地形と突然変異率進化」、「協力の進化」について研究、1999年よりシェフィールド大学のMike Bootsと「空間ネットワークと病原体の毒性進化」を研究。そのほか、「疫学動態とワクチン政策」、「病原体の抗原連続変異」、「ミューラー擬態の空間モザイク分布」、「共進化サイクルの地理的同調・非同調」、「種分化とニッチ分割」、「制限酵素認識配列の進化」などのテーマについて数理モデルをもとに研究している。
研究・講義の共同作業場:
BmWiki
活動(2003-2004)
・進化学会 第6回大会 企画シンポ「宿主と寄生/共生者との相互作用と共進化」とワークショップ「病原体進化」 主催 (2004 8/4-7, 東京大学)
Conference on Computational and Mathematical Population Dynamics 基調講演 (2004/6/24, トレント, イタリア)
・ハーバードでやった仕事(協力進化の1/3則)がNatureに載りました (2004/4/8号)
・Mike Bootsとの仕事(致死的病原体の出現)がScienceに載りました (2004/2/6号)
・ハーバード大学から帰ってきました (2003/12/31)
九州大学教職員組合の書記長をつとめることになりました ( -- 2004年10月まで).
・進化学会 第5回大会 ワークショップ「パラサイトエスケープ」Theoretical Evolutionary Biology 主催 (2003 8/1-4, 九州大学)
論文業績  <-- クリック


九州大学研究者情報のページ

研究の紹介

最近の研究テーマの紹介  <-- クリックで詳しい内容
[1] イネいもち病病原菌スーパーレースの出現を押さえる抵抗性品種混殖(マルチライン)防除
[2] 病原性復帰突然変異を考慮したポリオウイルス根絶計画
[3] マラリア媒介蚊の殺虫剤抵抗性の進化を許さないマラリア防除計画
[4] ミューラー擬態による地理的モザイクはなぜ維持されるか
[5] ホスト・パラサイト共進化とメタ個体群:非同期振動のペースメーカー
[6] 真正粘菌の細胞質伝達の直線順位の進化
[7] 宿主抵抗性と病原性ビルレンスの共進化
[8] 空間構造と病原体の進化
[9] 病原体の抗原型進化のパタン---エピソディクな進化はいつ起きるか?
[10] 季節変動性と交差免疫のもとでのエンテロウイルス抗原型交代のダイナミックスと流行予測
空間構造が進化させる致死的病原体

抵抗性と病原性の軍拡競争

アブラムシ色彩多型の初期進化: アブラムシ、テントウ ムシ、寄生蜂による分断的共進化

演習問題 (2001年講義の内容に沿った演習問題)


Seminar Abstract
ミューラー擬態の地理的多型と界面ダイナミックス (6/16/99 ME Seminar)

寄主・寄生蜂のencapsulationをめぐる軍拡競争共進化モデル(3/19/97 ME Seminar)

植物抵抗性遺伝子と病原体ビルレンス遺伝子相互作用における軍拡競争(3/21/97 ME Seminar)

自殺(アポトーシス)遺伝子の進化 / イネ抵抗性品種とウンカの抵抗性品種加害性発達の格子モデル(3/21/97 ME Seminar)

数理生物学ワンポイント解説数理生物を学ぶ際に、つまずきやすいトピックを例題形式で)

拡散方程式と進行波

カイ2乗分布



Akira Sasaki | Mathematical Biology Group | Department of Biology | Faculty of Science | Kyushu University