九州大学数理生物学研究室

新着情報
2017.7.27 数理生物学研究室所属の伊藤悠介氏の研究が出版されました。
“Y. Ito, A. Remion, A. Tauzin, K. Ejima, S. Nakaoka, Y. Iwasa, S. Iwami and F. Mammano. Number of infection events per cell during HIV-1 cell-free infection, Scientific reports. 7(2017), doi:10.1038/s41598-017-03954-9."
2017.7.13 MEセミナー情報更新
2017.7.10 数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の研究が出版されました。
"H. Ohashi, Y. Koizumi, K. Fukano, T. Wakita, AS. Perelson, S. Iwami†, and K. Watashi†. Reply to Padmanabhan and Dixit: Hepatitis C virus entry inhibitors for optimally boosting direct-acting antiviral-based treatments, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 114:E4527-E4529 (2017).(†Equal contribution)"
2017.7.1 数理生物学研究室所属の岩見真吾・立木佑弥氏が進めているプロジェクト「ECOEPI」の成果の1つである“Virtual ECOSYSTEM”がリリースされました。
2017.6.12 Dana-Farber Cancer Institute所属の山本君代氏(共同研究者:当研究室、波江野洋氏)の研究が出版されました。
Yamamoto KN*, Yachida S, Nakamura A, Niida A, Oshima M, De S, Rosati LM, Herman JM, Iacobuzio-Donahue CA, and Haeno H*. Personalized Management of Pancreatic Ductal Adenocarcinoma Patients through Computational Modeling. Cancer Research. 77(12) June, 2017.
2017.6.1 数理生物学研究室所属の原朱音氏の研究が出版されました。
A. Hara and Y. Iwasa. When is allergen immunotherapy effective?. Journal of Theoretical Biology. Volume 425, 21 July 2017, Pages 23–42. (2017)
2017.5.8 数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の研究が九州大学のHPで紹介されました。
"Innovative Treatment for Hepatitis C."
数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の著書が出版されました。
"岩見真吾、佐藤佳、竹内康博. シリーズ現象を解明する数学 「ウイルス感染と常微分方程式」、共立出版、2017年4月."
2017.4.30 数理生物学研究室所属の岩波翔也氏の研究が出版されました。
"S. Iwanami, Y. Kakizoe, S. Morita, T. Miura, S. Nakaoka and S. Iwami. A highly pathogenic simian/human immunodeficiency virus effectively produces infectious virions compared with a less pathogenic virus in cell culture, Theoretical Biology and Medical Modelling. 14:9(2017)."
2017.4.27 2017年度が始まりました。

新着情報

2017.7.27 数理生物学研究室所属の伊藤悠介氏の研究が出版されました。
“Y. Ito, A. Remion, A. Tauzin, K. Ejima, S. Nakaoka, Y. Iwasa, S. Iwami and F. Mammano. Number of infection events per cell during HIV-1 cell-free infection, Scientific reports. 7(2017), doi:10.1038/s41598-017-03954-9."
2017.7.13 MEセミナー情報更新
2017.7.10 数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の研究が出版されました。
"H. Ohashi, Y. Koizumi, K. Fukano, T. Wakita, AS. Perelson, S. Iwami†, and K. Watashi†. Reply to Padmanabhan and Dixit: Hepatitis C virus entry inhibitors for optimally boosting direct-acting antiviral-based treatments, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 114:E4527-E4529 (2017).(†Equal contribution)"
2017.7.1 数理生物学研究室所属の岩見真吾・立木佑弥氏が進めているプロジェクト「ECOEPI」の成果の1つである“Virtual ECOSYSTEM”がリリースされました。
2017.6.12 Dana-Farber Cancer Institute所属の山本君代氏(共同研究者:当研究室、波江野洋氏)の研究が出版されました。
Yamamoto KN*, Yachida S, Nakamura A, Niida A, Oshima M, De S, Rosati LM, Herman JM, Iacobuzio-Donahue CA, and Haeno H*. Personalized Management of Pancreatic Ductal Adenocarcinoma Patients through Computational Modeling. Cancer Research. 77(12) June, 2017.
2017.6.1 数理生物学研究室所属の原朱音氏の研究が出版されました。
A. Hara and Y. Iwasa. When is allergen immunotherapy effective?. Journal of Theoretical Biology. Volume 425, 21 July 2017, Pages 23–42. (2017)
2017.5.8 数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の研究が九州大学のHPで紹介されました。
"Innovative Treatment for Hepatitis C."
数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の著書が出版されました。
"岩見真吾、佐藤佳、竹内康博. シリーズ現象を解明する数学 「ウイルス感染と常微分方程式」、共立出版、2017年4月."
2017.4.30 数理生物学研究室所属の岩波翔也氏の研究が出版されました。
"S. Iwanami, Y. Kakizoe, S. Morita, T. Miura, S. Nakaoka and S. Iwami. A highly pathogenic simian/human immunodeficiency virus effectively produces infectious virions compared with a less pathogenic virus in cell culture, Theoretical Biology and Medical Modelling. 14:9(2017)."
2017.4.27 2017年度が始まりました。

メンバー紹介

巌佐 庸(いわさ よう)

巌佐 庸(いわさ よう)
所属:九州大学理学研究院生物科学部門数理生物学教室、九州大学高等研究院長
ウェブサイト
役職:教授
所属学会:日本数理生物学会、日本進化学会、日本生態学会、個体群生態学会、日本動物行動学会、日本分子生物学会、Ecological Society of America、International Society of Behavioral Ecology、Society for Mathematical Biology

岩見 真吾(いわみ しんご)

岩見 真吾(いわみ しんご)
所属:九州大学理学研究院生物科学部門数理生物学教室、科学技術振興機構さきがけ(兼任)
役職:准教授
所属学会:日本エイズ学会、日本ウイルス学会、日本生態学会、日本数理生物学会、日本応用数理学会、日本数学会

波江野 洋(はえの ひろし)

波江野 洋(はえの ひろし)
所属:九州大学理学研究院生物科学部門数理生物学研究室
ウェブサイト
役職:助教
所属学会:日本数理生物学会、American Association for Cancer Research

セミナー情報

MEセミナー

MEセミナーとは九州大学数理生物学研究室で1966年から続くインフォーマルセミナーです。
基本的には、数理生物学研究室のメンバーが自分の研究についてプレゼンテーションをすることが多いのですが、研究室外から訪問して頂いた研究者の方にお話をして頂くことも多くあります。

MEセミナーでは、研究室外の方にお話をして頂ける機会を歓迎いたします。もしMEセミナーでのお話をご希望なされる方がいらっしゃいましたら、お気軽にセミナー係までお問い合わせください。

過去のMEセミナー・シンポジウムなどの情報はこちら

セミナー係
岩波翔也 : iwanamishoya[at]gmail.com ※[at]を@に置き換えて下さい。
2017/7/25, 13:30 - , at W1-C-909

Mathematical modeling of oncolytic virotherapy in combination with chemotherapy.
Kwang Su Kim1, Jungmin Lee1, Sangil Kim2,* and Il Hyo Jung1
(1Department of Mathematics, Pusan National University, Busan, 609-735, South Korea,
2WISE Institute, Hankuk University of Foreign Studies, 156-849, South Korea)

     Over the past few years, several studies have been made on cancer viral therapy. One of the major advantages of oncolytic virotherapy over standard cytotoxic chemotherapeutic agents is that tumor cell selectivity can potentially target and eliminate cancer cells without affecting normal cells. Therefore studies of the virus dynamics are needed for the purpose of cancer treatment, not the virus as the cause of the disease.
     We introduce a deterministic and stochastic model of tumor-viral dynamics. For finding conditions of virotherapy failure, the local asymptotic stability and the global asymptotic stability of a virotherapy failure equilibrium are studied. By using the basic reproductive ratio, we investigate its sensitivity to the parameter values characterizing viruses. We also derive a system of stochastic differential equations that based on the deterministic model and explore the probability of uninfected tumor and infected tumor extinction. The analysis suggests that an oncolytic virus is desired with a high infection rate and optimal cytotoxicity for effective treatment. Recent investigators showed that the combination of viral therapy with chemotherapy may lead to synergistic mechanisms for eliminating cancer not achievable by either therapy alone. So our main problems are “Which combination therapy should we take for more effective treatment?” and “How can we measure and predict the quantity of synergy effect?”. Koizumi and Iwami suggested the estimation methods of the optimal dose point that is calculated from the difference between the effects of the combined drugs obtained by modeling the dynamics and the additive effects by Loewe additivity. Based on their ideas, we investigate a synergistic effect between oncolytic virus therapy and chemotherapy. Extended synergy concepts for combination therapy are discussed.

アクセス・お問合せ

九州大学へのアクセス方法

より大きな地図で 九州大学伊都キャンパス を表示

お問合せ

九州大学理学部生物学科 数理生物学研究室
〒819-0395 福岡市西区元岡774番地
tel (092) 802-4296
e-mail yohiwasa[at]kyudai.jp
※[at]を@に置き換えて下さい。

トップへ