九州大学数理生物学研究室

新着情報
JSMB2016
JSMB2016 (September 7-9, 2016, Fukuoka) the website is now open.
第26回日本数理生物学会年会(2016年9月7日-9日、福岡)のウェブサイトが公開されました。
2016.4.23 ・数理生物学研究室所属の池田裕宜氏の研究が受理されました。
"H. Ikeda†, S Nakaoka†, RJ. De Boer, S. Morita, N. Misawa, Y. Koyanagi, K. Aihara, K. Sato‡, and S. Iwami‡, Quantifying the effect of Vpu on the promotion of HIV-1 replication in the humanized mouse model, Retrovirology, 13:2 (2016)(†,‡Equal contribution)."
2016.4.1 2016年度が始まりました。
2016.3.27 ・数理生物学研究室所属の久保裕貴氏の研究が受理されました。
"Y. Kubo, and Y. Iwasa. Phase diagram of a multiple forces model for animal group formation: marches versus circles determined by the relative strength of alignment and cohesion. Population Ecology (2016)."
2016.3.2 MEセミナー情報更新
2016.2.2 MEセミナー情報更新
2015.11.5 ・数理生物学研究室所属の山本君代氏の研究が受理されました。
"Yamamoto KN, Nakamura A, and Haeno H. The evolution of tumor metastasis during clonal expansion with alterations in metastasis driver genes. Scientific Reports.5:15886(2015)."
・数理生物学研究室所属のMarko Jusup氏の研究が受理されました。
"M. Jusup, S. Iwami, B. Podobnik, and E. Stanley. Comment: Dynamically rich, yet parameter-sparse models for spatial epidemiology Comment on “Coupled disease-behavior dynamics on complex networks: A review”by Z. Wang et al., Physics of Life Reviews, 15: S1571-0645 (2015)."

新着情報

JSMB2016
JSMB2016 (September 7-9, 2016) the website is now open.
第26回日本数理生物学会年会(2016年9月7日-9日、福岡)のウェブサイトが公開されました。
2016.4.23 ・数理生物学研究室所属の池田裕宜氏の研究が受理されました。
"H. Ikeda†, S Nakaoka†, RJ. De Boer, S. Morita, N. Misawa, Y. Koyanagi, K. Aihara, K. Sato‡, and S. Iwami‡, Quantifying the effect of Vpu on the promotion of HIV-1 replication in the humanized mouse model, Retrovirology, 13:2 (2016)(†,‡Equal contribution)."
2016.4.1 2016年度が始まりました。
2016.3.27 ・数理生物学研究室所属の久保裕貴氏の研究が受理されました。
"Y. Kubo, and Y. Iwasa. Phase diagram of a multiple forces model for animal group formation: marches versus circles determined by the relative strength of alignment and cohesion. Population Ecology (2016)."
2016.3.2 MEセミナー情報更新
2016.2.2 MEセミナー情報更新
2015.11.5 ・数理生物学研究室所属の山本君代氏の研究が受理されました。
"Yamamoto KN, Nakamura A, and Haeno H. The evolution of tumor metastasis during clonal expansion with alterations in metastasis driver genes. Scientific Reports.5:15886(2015)."
・数理生物学研究室所属のMarko Jusup氏の研究が受理されました。
"M. Jusup, S. Iwami, B. Podobnik, and E. Stanley. Comment: Dynamically rich, yet parameter-sparse models for spatial epidemiology Comment on “Coupled disease-behavior dynamics on complex networks: A review”by Z. Wang et al., Physics of Life Reviews, 15: S1571-0645 (2015)."

メンバー紹介

巌佐 庸(いわさ よう)

巌佐 庸(いわさ よう)
所属:九州大学理学研究院生物科学部門数理生物学教室、九州大学高等研究院長
ウェブサイト
役職:教授
所属学会:日本数理生物学会、日本進化学会、日本生態学会、個体群生態学会、日本動物行動学会、日本分子生物学会、Ecological Society of America、International Society of Behavioral Ecology、Society for Mathematical Biology

岩見 真吾(いわみ しんご)

岩見 真吾(いわみ しんご)
所属:九州大学理学研究院生物科学部門数理生物学教室、科学技術振興機構さきがけ(兼任)
役職:准教授
所属学会:日本エイズ学会、日本ウイルス学会、日本生態学会、日本数理生物学会、日本応用数理学会、日本数学会

波江野 洋(はえの ひろし)

波江野 洋(はえの ひろし)
所属:九州大学理学研究院生物科学部門数理生物学研究室
ウェブサイト
役職:助教
所属学会:日本数理生物学会、American Association for Cancer Research

セミナー情報

MEセミナー

MEセミナーとは九州大学数理生物学研究室で1966年から続くインフォーマルセミナーです。
基本的には、数理生物学研究室のメンバーが自分の研究についてプレゼンテーションをすることが多いのですが、研究室外から訪問して頂いた研究者の方にお話をして頂くことも多くあります。

MEセミナーでは、研究室外の方にお話をして頂ける機会を歓迎いたします。もしMEセミナーでのお話をご希望なされる方がいらっしゃいましたら、お気軽にセミナー係までお問い合わせください。

過去のMEセミナー・シンポジウムなどの情報はこちら

セミナー係
里居伸祐 : ssatoi257n[at]gmail.com ※[at]を@に置き換えて下さい。
2016/3/2, 13:00 - , at W1-C-909

Management of tropical forests with agroforestry and profit sharing
(Yuki Kubo, Joung-Hun Lee, Takahiro Fujiwara and Yoh Iwasa, Kyushu Univ.)

      Illegal logging is a very serious problem for plantation management in tropics. Here we study the profit-sharing and agroforestry as management strategies. Owner chooses the age of trees to cut, and the workers choose their monitoring effort to prevent illegal logging.
     We derived two recursive formulas for the values of a site with trees of age t to the owner and to the workers. After the trees were removed, either by cutting, physical disturbances, or illegal logging, the owner hires workers to replant young trees. While trees are young, the land is also used as agriculture. In addition, the owner may share a fraction of profit obtained by selling logs with the workers. Illegal logging may be prevented by hiring forest guards or by monitoring effort of the workers.
     Results are: (1) As the fixed cost of harvesting increases, the foresters delay the tree harvesting age. (2) If the discount rate is high, the foresters may use the land for continual agriculture by cutting trees at their young ages. (3) Under the presence of illegal logging pressure, the owner may find it profitable to share the income with the workers to solicit their monitoring efforts. We discuss policy implications of these results.
     Separately, we present the model which supports profit sharing of tree harvesting in the presence of illegal logging. Workers who help tree growing can cooperate in suppressing stealing by getting involved in surveillance activity such as monitoring and reporting. As worker’s decision to cooperate can affect the averaged profit of manager, the model shows the profit sharing may play important role for the sustainable management.

アクセス・お問合せ

九州大学へのアクセス方法

より大きな地図で 九州大学伊都キャンパス を表示

お問合せ

九州大学理学部生物学科 数理生物学研究室
〒819-0395 福岡市西区元岡774番地
tel (092) 802-4296
e-mail yohiwasa[at]kyudai.jp
※[at]を@に置き換えて下さい。

トップへ