九州大学数理生物学研究室

新着情報
2021.10.21 数理生物学研究室所属の佐竹暁子氏の研究が出版されました。“Why meals during resting time cause fat accumulation in mammals? Mathematical modeling of circadian regulation on glucose metabolism” https://link.springer.com/article/10.1007/s00285-021-01645-8
2021.10.21 数理生物学研究室所属の佐竹暁子氏の研究が出版されました。“Six-year population dynamics of seven passalid species in a humid tropical rainforest in Borneo” https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/ens.12490
2021.7.12 数理生物学研究室所属の青柳優太氏、佐竹暁子氏の研究が出版されました。 論文:“Copy number analyses of DNA repair genes reveal the role of poly(ADP-ribose) polymerase (PARP) in tree longevity”, https://doi.org/10.1016/j.isci.2021.102779 プレスリリース:「樹木の種でコピー数が増えているDNA修復遺伝子を発見!〜植物のDNA修復と寿命の進化の理解に向けて〜」, https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/632
2021.6.07 数理生物学研究室所属の佐竹氏の研究が出版されました。“Gene co-expression network analysis identifies BEH3 as a stabilizer of secondary vascular development in Arabidopsis” https://academic.oup.com/plcell/advance-article-abstract/doi/10.1093/plcell/koab151/6287623?redirectedFrom=fulltext
2021.5.10 数理生物学研究室所属の佐竹氏の研究が出版されました。“Plant stem cell research is uncovering the secrets of longevity and persistent growth” https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/tpj.15184

新着情報

2021.10.21 数理生物学研究室所属の佐竹暁子氏の研究が出版されました。“Why meals during resting time cause fat accumulation in mammals? Mathematical modeling of circadian regulation on glucose metabolism” https://link.springer.com/article/10.1007/s00285-021-01645-8
2021.10.21 数理生物学研究室所属の佐竹暁子氏の研究が出版されました。“Six-year population dynamics of seven passalid species in a humid tropical rainforest in Borneo” https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/ens.12490
2021.7.12 数理生物学研究室所属の青柳優太氏、佐竹暁子氏の研究が出版されました。 論文:“Copy number analyses of DNA repair genes reveal the role of poly(ADP-ribose) polymerase (PARP) in tree longevity”, https://doi.org/10.1016/j.isci.2021.102779 プレスリリース:「樹木の種でコピー数が増えているDNA修復遺伝子を発見!〜植物のDNA修復と寿命の進化の理解に向けて〜」, https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/632
2021.6.07 数理生物学研究室所属の佐竹氏の研究が出版されました。“Gene co-expression network analysis identifies BEH3 as a stabilizer of secondary vascular development in Arabidopsis” https://academic.oup.com/plcell/advance-article-abstract/doi/10.1093/plcell/koab151/6287623?redirectedFrom=fulltext
2021.5.10 数理生物学研究室所属の佐竹氏の研究が出版されました。“Plant stem cell research is uncovering the secrets of longevity and persistent growth” https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/tpj.15184
2021.5.10 数理生物学研究室所属の佐竹氏の研究が出版されました。“Testing the environmental prediction hypothesis for community‐wide mass flowering in South‐East Asia” https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/btp.12903

過去の新着情報はこちら

メンバー紹介

メンバー集合写真

佐竹 暁子(さたけ あきこ)

佐竹 暁子(さたけ あきこ)
所属:九州大学理学研究院生物科学部門数理生物学教室
ウェブサイト
役職:教授
所属学会:日本数理生物学会、日本生態学会、個体群生態学会、日本植物生理学会、Society for Research on Biological Rhythms (SRBR)

佐々木 江理子(ささき えりこ)

佐々木 江理子(ささき えりこ)
所属:九州大学理学研究院生物科学部門数理生物学教室
役職:准教授
所属学会:なし

野下 浩司(のした こうじ)

野下 浩司(のした こうじ)
所属:九州大学理学研究院生物科学部門数理生物学研究室
ウェブサイト
役職:助教
所属学会:日本古生物学会、日本進化学会、日本数理生物学会、日本生態学会、The Society for the Study of Evolution、日本育種学会、農業情報学会

セミナー情報

MEセミナー

MEセミナーとは九州大学数理生物学研究室で1966年から続くインフォーマルセミナーです。
基本的には、数理生物学研究室のメンバーが自分の研究についてプレゼンテーションをすることが多いのですが、研究室外から訪問して頂いた研究者の方にお話をして頂くことも多くあります。

MEセミナーでは、研究室外の方にお話をして頂ける機会を歓迎いたします。もしMEセミナーでのお話をご希望なされる方がいらっしゃいましたら、お気軽にセミナー係までお問い合わせください。

過去のMEセミナー・シンポジウムなどの情報はこちら

セミナー係
青柳優太 : ao7yuta[at]gmail.com ※[at]を@に置き換えて下さい。
2021/07/19, 16:30 -, at Microsoft Teams (online seminar)

Evolution of punishment and sanction

Hisashi Ohtsuki
Department of Evolutionary Studies of Biosystems, School of Advanced Sciences, SOKENDAI (The Graduate University for Advanced Studies)

In this lecture, I would like to firstly show that cooperation is ubiquitous in our world, and so are free-riders who enjoy the benefit of cooperation but never pay its cost. Various mechanisms of sustaining cooperation has been proposed so far, but here I concentrate on the role of punishment and sanction. Both mechanisms work as deterrent force against free-riding, thus it can promote cooperation. In my lecture I show two previous collaboration works of mine that theoretically analyzed the origin of cooperation and punishment. One is about a coevolutionary model of host-discrimination and symbiont-cooperation. The other is about optimal reproductive schedule model of insect colonies and evolution of worker policing therein. Besides this, I will present various other examples of how punishment and sanction are effectively used in many biological systems and what evolutionary forces are behind them.

アクセス・お問合せ

九州大学へのアクセス方法

より大きな地図で 九州大学伊都キャンパス を表示

お問合せ

九州大学理学部生物学科 数理生物学研究室
〒819-0395 福岡市西区元岡744番地
e-mail akiko.satake[at]kyudai.jp
※[at]を@に置き換えて下さい。

トップへ