九州大学数理生物学研究室

新着情報
2017.3.27 数理生物学研究室所属の山口諒氏の研究が受理されました。
"R. Yamaguchi, Y. Iwasa. A tipping point in parapatric speciation. Journal of Theoretical Biology. (accepted)."
2017.2.25 数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の研究が出版されました。
"Y. Koizumi, H. Ohashi, S. Nakajima, Y. Tanaka, T. Wakita, AS. Perelson, S. Iwami†, and K. Watashi†. Quantifying antiviral activity optimizes drug combinations against hepatitis C virus infection, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 114:1922-1927 (2017). (†Equal contribution)"
2017.2.24 数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の研究が出版されました。
"CA. Beauchemin, T. Miura, and S. Iwami. Duration of SHIV production by infected cells is not exponentially distributed: Implications for estimates of infection parameters and antiviral efficacy, Scientific Reports, 7:42765 (2017)."
2017.2.23 数理生物学研究室所属の山口諒氏の研究が出版されました。
"R. Yamaguchi, Y. Iwasa. Parapatric speciation in three islands: dynamics of geographic configurations of allele sharing. Royal Society Open Science. 4: 160819. 2017."
数理生物学研究室所属の巌佐庸氏、山口諒氏の書籍が出版されました。
"Peter R. Grant, B. Rosemary Grant (著), 巌佐庸 (監訳), 山口諒 (訳). なぜ・どうじて種の数は増えるのか -ガラパゴスのダーウィンフィンチ-. 共立出版. 2017."
2017.2.10 MEセミナー情報更新
2016.12.9 数理生物学研究室所属の布野孝明氏の研究が出版されました。
"T. Funo, H. Inaba, M. Jusup, A. Tsuzuki, N. Minakawa, and S. Iwami. Impact of asymptomatic infections on the early spread of malaria, Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics, 33:671-681 (2016)."
数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の研究が出版されました。
"LE. Liao, S. Iwami, CA. Beauchemin. (In)validating experimentally-derived knowledge about influenza A defective interfering particles, Journal of the Royal Society Interface, 13: 20160412 (2016)."
Information
2016年12月26日・27日
JR博多シティ会議室3にて「第1回えこえぴワークショップ」が開催されます。
第1回えこえぴワークショップ
Information
2016年11月15日 14:30~16:40
京都大学数理解析研究所420号室にて第13回生物数学の理論とその応用の一環として「ミニシンポジウム:えこえぴモデルの展開」が開催されます。
第13回「生物数学の理論とその応用」

新着情報

2017.3.27 数理生物学研究室所属の山口諒氏の研究が受理されました。
"R. Yamaguchi, Y. Iwasa. A tipping point in parapatric speciation. Journal of Theoretical Biology. (accepted)."
2017.2.25 数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の研究が出版されました。
"Y. Koizumi, H. Ohashi, S. Nakajima, Y. Tanaka, T. Wakita, AS. Perelson, S. Iwami†, and K. Watashi†. Quantifying antiviral activity optimizes drug combinations against hepatitis C virus infection, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 114:1922-1927 (2017). (†Equal contribution)"
2017.2.24 数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の研究が出版されました。
"CA. Beauchemin, T. Miura, and S. Iwami. Duration of SHIV production by infected cells is not exponentially distributed: Implications for estimates of infection parameters and antiviral efficacy, Scientific Reports, 7:42765 (2017)."
2017.2.23 数理生物学研究室所属の山口諒氏の研究が出版されました。
R. Yamaguchi, Y. Iwasa. Parapatric speciation in three islands: dynamics of geographic configurations of allele sharing. Royal Society Open Science. 4: 160819. 2017.
数理生物学研究室所属の巌佐庸氏、山口諒氏の書籍が出版されました。
Peter R. Grant, B. Rosemary Grant (著), 巌佐庸 (監訳), 山口諒 (訳). なぜ・どうじて種の数は増えるのか -ガラパゴスのダーウィンフィンチ-. 共立出版. 2017.
2017.2.10 MEセミナー情報更新
2016.12.9 数理生物学研究室所属の布野孝明氏の研究が出版されました。
"T. Funo, H. Inaba, M. Jusup, A. Tsuzuki, N. Minakawa, and S. Iwami. Impact of asymptomatic infections on the early spread of malaria, Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics, 33:671-681 (2016)."
数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の研究が出版されました。
"LE. Liao, S. Iwami, CA. Beauchemin. (In)validating experimentally-derived knowledge about influenza A defective interfering particles, Journal of the Royal Society Interface, 13: 20160412 (2016)."
Information
2016年12月26日・27日
JR博多シティ会議室3にて「第1回えこえぴワークショップ」が開催されます。
第1回えこえぴワークショップ
Information
2016年11月15日 14:30~16:40
京都大学数理解析研究所420号室にて第13回生物数学の理論とその応用の一環として「ミニシンポジウム:えこえぴモデルの展開」が開催されます。
第13回「生物数学の理論とその応用」

メンバー紹介

巌佐 庸(いわさ よう)

巌佐 庸(いわさ よう)
所属:九州大学理学研究院生物科学部門数理生物学教室、九州大学高等研究院長
ウェブサイト
役職:教授
所属学会:日本数理生物学会、日本進化学会、日本生態学会、個体群生態学会、日本動物行動学会、日本分子生物学会、Ecological Society of America、International Society of Behavioral Ecology、Society for Mathematical Biology

岩見 真吾(いわみ しんご)

岩見 真吾(いわみ しんご)
所属:九州大学理学研究院生物科学部門数理生物学教室、科学技術振興機構さきがけ(兼任)
役職:准教授
所属学会:日本エイズ学会、日本ウイルス学会、日本生態学会、日本数理生物学会、日本応用数理学会、日本数学会

波江野 洋(はえの ひろし)

波江野 洋(はえの ひろし)
所属:九州大学理学研究院生物科学部門数理生物学研究室
ウェブサイト
役職:助教
所属学会:日本数理生物学会、American Association for Cancer Research

博士研究員・訪問研究員

セミナー情報

MEセミナー

MEセミナーとは九州大学数理生物学研究室で1966年から続くインフォーマルセミナーです。
基本的には、数理生物学研究室のメンバーが自分の研究についてプレゼンテーションをすることが多いのですが、研究室外から訪問して頂いた研究者の方にお話をして頂くことも多くあります。

MEセミナーでは、研究室外の方にお話をして頂ける機会を歓迎いたします。もしMEセミナーでのお話をご希望なされる方がいらっしゃいましたら、お気軽にセミナー係までお問い合わせください。

過去のMEセミナー・シンポジウムなどの情報はこちら

セミナー係
里居伸祐 : ssatoi257n[at]gmail.com ※[at]を@に置き換えて下さい。
2017/2/14, 13:30 - , at W1-C-909

Number of infection events per cell during HIV-1 cell-free infection
(Yusuke Ito, Kyushu Univ.)

Human Immunodeficiency Virus type 1 (HIV-1) accumulates changes in its genome through both recombination and mutation during the course of infection. For recombination to occur, a single cell must be infected by two HIV strains. These coinfection events were experimentally demonstrated to occur more frequently than would be expected for independent infection events and do not follow a random distribution. Although the heterogeneity of target cell susceptibility was proposed as a possible mechanism for the non-randomness, the quantitative evaluation of its impact on coinfection frequency is lacking, especially for cell-free infection in vitro. Here, we developed a novel mathematical model considering the heterogeneity of target cells and analysed datasets of cell-free HIV-1 single and double infection experiments in cell culture. Interestingly, we showed that the number of infection events per cell during cell-free HIV-1 infection follows a negative-binomial distribution, and our novel model reproduces these datasets. Furthermore, our quantitative analyses reveal that the average number of infection events increases from 1.02 to 1.65 as the amount of inoculated HIV-1 increases, and the multiple infection frequency increases to 17%. These findings demonstrate that cell-free HIV-1 infection has an important role in driving virus recombination. Therefore, spatially separated HIV-1 variants from different organs might be able to recombine within patients via cell-free infection.

アクセス・お問合せ

九州大学へのアクセス方法

より大きな地図で 九州大学伊都キャンパス を表示

お問合せ

九州大学理学部生物学科 数理生物学研究室
〒819-0395 福岡市西区元岡774番地
tel (092) 802-4296
e-mail yohiwasa[at]kyudai.jp
※[at]を@に置き換えて下さい。

トップへ