九州大学数理生物学研究室

新着情報
2016.12.9 数理生物学研究室所属の布野孝明氏の研究が出版されました。
"T. Funo, H. Inaba, M. Jusup, A. Tsuzuki, N. Minakawa, and S. Iwami. Impact of asymptomatic infections on the early spread of malaria, Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics, 33:671-681 (2016)."
数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の研究が出版されました。
"LE. Liao, S. Iwami, CA. Beauchemin. (In)validating experimentally-derived knowledge about influenza A defective interfering particles, Journal of the Royal Society Interface, 13: 20160412 (2016)."
Information
2016年12月26日・27日
JR博多シティ会議室3にて「第1回えこえぴワークショップ」が開催されます。
第1回えこえぴワークショップ
Information
2016年11月15日 14:30~16:40
京都大学数理解析研究所420号室にて第13回生物数学の理論とその応用の一環として「ミニシンポジウム:えこえぴモデルの展開」が開催されます。
第13回「生物数学の理論とその応用」
2016.11.2 ・数理生物学研究室所属のAlexey Martyushev氏の研究が出版されました。
"A. Martyushev, S. Nakanoka, K. Sato, T. Noda, and S. Iwami. Modelling Ebola virus dynamics: Implications for therapy, Antiviral Research, 135:62-73 (2016). (†Equal contribution)."
2016.10.25 MEセミナー情報更新
2016.10.21 ・数理生物学研究室所属の関元秀氏の研究が出版されました。
"M. Seki and M. Nakamaru: A model for gossip-mediated evolution of altruism with various types of false information by speakers and assessment by listenersn. Journal of Theoretical Biology (2016)."
2016.9.9 JSMB2016 が開催されました。
2016.4.23 ・数理生物学研究室所属の池田裕宜氏の研究が受理されました。
"H. Ikeda†, S Nakaoka†, RJ. De Boer, S. Morita, N. Misawa, Y. Koyanagi, K. Aihara, K. Sato‡, and S. Iwami‡, Quantifying the effect of Vpu on the promotion of HIV-1 replication in the humanized mouse model, Retrovirology, 13:2 (2016)(†,‡Equal contribution)."
2016.4.1 2016年度が始まりました。
2016.3.27 ・数理生物学研究室所属の久保裕貴氏の研究が受理されました。
"Y. Kubo, and Y. Iwasa. Phase diagram of a multiple forces model for animal group formation: marches versus circles determined by the relative strength of alignment and cohesion. Population Ecology (2016)."

新着情報

2016.12.9 数理生物学研究室所属の布野孝明氏の研究が出版されました。
"T. Funo, H. Inaba, M. Jusup, A. Tsuzuki, N. Minakawa, and S. Iwami. Impact of asymptomatic infections on the early spread of malaria, Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics, 33:671-681 (2016)."
数理生物学研究室所属の岩見真吾氏の研究が出版されました。
"LE. Liao, S. Iwami, CA. Beauchemin. (In)validating experimentally-derived knowledge about influenza A defective interfering particles, Journal of the Royal Society Interface, 13: 20160412 (2016)."
Information
2016年12月26日・27日
JR博多シティ会議室3にて「第1回えこえぴワークショップ」が開催されます。
第1回えこえぴワークショップ
Information
2016年11月15日 14:30~16:40
京都大学数理解析研究所420号室にて第13回生物数学の理論とその応用の一環として「ミニシンポジウム:えこえぴモデルの展開」が開催されます。
第13回「生物数学の理論とその応用」
2016.11.2 ・数理生物学研究室所属のAlexey Martyushev氏の研究が出版されました。
"A. Martyushev, S. Nakanoka, K. Sato, T. Noda, and S. Iwami. Modelling Ebola virus dynamics: Implications for therapy, Antiviral Research, 135:62-73 (2016). (†Equal contribution)."
2016.10.25 MEセミナー情報更新
2016.10.21 ・数理生物学研究室所属の関元秀氏の研究が出版されました。
"M. Seki and M. Nakamaru: A model for gossip-mediated evolution of altruism with various types of false information by speakers and assessment by listenersn. Journal of Theoretical Biology (2016)."
2016.9.9 JSMB2016 が開催されました。
2016.4.23 ・数理生物学研究室所属の池田裕宜氏の研究が受理されました。
"H. Ikeda†, S Nakaoka†, RJ. De Boer, S. Morita, N. Misawa, Y. Koyanagi, K. Aihara, K. Sato‡, and S. Iwami‡, Quantifying the effect of Vpu on the promotion of HIV-1 replication in the humanized mouse model, Retrovirology, 13:2 (2016)(†,‡Equal contribution)."
2016.4.1 2016年度が始まりました。
2016.3.27 ・数理生物学研究室所属の久保裕貴氏の研究が受理されました。
"Y. Kubo, and Y. Iwasa. Phase diagram of a multiple forces model for animal group formation: marches versus circles determined by the relative strength of alignment and cohesion. Population Ecology (2016)."

メンバー紹介

巌佐 庸(いわさ よう)

巌佐 庸(いわさ よう)
所属:九州大学理学研究院生物科学部門数理生物学教室、九州大学高等研究院長
ウェブサイト
役職:教授
所属学会:日本数理生物学会、日本進化学会、日本生態学会、個体群生態学会、日本動物行動学会、日本分子生物学会、Ecological Society of America、International Society of Behavioral Ecology、Society for Mathematical Biology

岩見 真吾(いわみ しんご)

岩見 真吾(いわみ しんご)
所属:九州大学理学研究院生物科学部門数理生物学教室、科学技術振興機構さきがけ(兼任)
役職:准教授
所属学会:日本エイズ学会、日本ウイルス学会、日本生態学会、日本数理生物学会、日本応用数理学会、日本数学会

波江野 洋(はえの ひろし)

波江野 洋(はえの ひろし)
所属:九州大学理学研究院生物科学部門数理生物学研究室
ウェブサイト
役職:助教
所属学会:日本数理生物学会、American Association for Cancer Research

博士研究員・訪問研究員

セミナー情報

MEセミナー

MEセミナーとは九州大学数理生物学研究室で1966年から続くインフォーマルセミナーです。
基本的には、数理生物学研究室のメンバーが自分の研究についてプレゼンテーションをすることが多いのですが、研究室外から訪問して頂いた研究者の方にお話をして頂くことも多くあります。

MEセミナーでは、研究室外の方にお話をして頂ける機会を歓迎いたします。もしMEセミナーでのお話をご希望なされる方がいらっしゃいましたら、お気軽にセミナー係までお問い合わせください。

過去のMEセミナー・シンポジウムなどの情報はこちら

セミナー係
里居伸祐 : ssatoi257n[at]gmail.com ※[at]を@に置き換えて下さい。
2016/11/07, 13:30 - , at W1-C-909

Evolution of global and local viral infection in the structured SIS model
(Koichi Saeki, SOKENDAI)

There are two types of viral infections in a host, one is global and the other is local. Global infection means that an infected cell produce viral particles that travel to susceptible cells somewhere. In contrast, local infection occurs via physical contact between an infected cell and a susceptible cell. The emergence of mutant virus that has a high ability of local infection is observed in vitro and suggested in vivo, and those mutants are considered to have a relationship with a severe disease caused by virus infection.
Here we attempt to reveal what is the evolutionarily stable proportion of global and local infection, and how it depends on the spatial parameters. We consider a lattice space in which each site is occupied by either a target or a non-target cell for virus, and assume that whether a site is occupied by a target cell or a non-target cell will never change. Then, how target and non-target cells are distributed over the lattice space is parameterized by the frequency of target cells and the pair frequency of target cells.
At first, the infection dynamics are modeled by pair approximation and the endemic condition for a virus with a certain proportion of global infection is calculated. Next, the evolutionarily stable strategy is obtained by an invasibility analysis using pair approximated dynamics. The results show that higher proportion of local infection is selected as target cells become clustered. We also observe the parameter region that even if global infection is more efficient than local one, using local infection at a certain rate becomes the optimal due to spatial clustering of target cells.

2016/7/5, 14:15 - , at W1-C-909(*開始時刻が変更されています)

Organ specific R:FR perception for different plastic responses is based on the difference between self-shading and neighbour-shading
(Franca Bongers, University of Utrecht)

The shade avoidance syndrome (SAS) is one of the best-studied forms of plant phenotypic plasticity. Petiole elongation and hyponasty (leaf angle increase) are the two most important responses for Arabidopsis thaliana. These responses are both induced by the perception of low R:FR light, however physiological experiments showed that the place of perception is different. With a virtual model we explored the role of the place of perception for plants growing with or without neighbours.

アクセス・お問合せ

九州大学へのアクセス方法

より大きな地図で 九州大学伊都キャンパス を表示

お問合せ

九州大学理学部生物学科 数理生物学研究室
〒819-0395 福岡市西区元岡774番地
tel (092) 802-4296
e-mail yohiwasa[at]kyudai.jp
※[at]を@に置き換えて下さい。

トップへ